(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「紅葉2020関東の見頃名所」11月彩づき始める神奈川県の明月院

紅葉2020関東の見頃名所、明月院の情報&駐車場・ホテル・アクセス・混雑情報などご紹介します

関東の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は、神奈川県の明月院(めいげついん)へご案内します。

明月院の創建は、1160(永暦元)年に建てられた明月庵が始まりで、1256(建長8)年に5代執権、北条時頼が敷地内に最明寺という隠居所を建造してから後に、嫡男の時宗が禅興寺として再興しました。

禅興寺は明治になって廃寺しましたが、塔頭の明月院だけが残り、紫陽花をはじめとした花の名所として有名で、その紫陽花の美しさから別名「アジサイ寺」とも呼ばれ、明月院ブルーと呼ばれる青い紫陽花で埋め尽くされた参道は圧巻の美しさです。

また紅葉も素晴らしく、見頃を迎える通年の11月下旬から12月中旬には、イチョウ、イロハモミジ、ヤマモミジ、ハゼノキ、ハウチワカエデ、ドウダンツツジなどの木々の葉が見事に彩づきます。

特に本堂の円窓から眺める紅葉は、まるで額に入った絵画を見るような趣にあふれた見事な美しさで、この時期限定で公開される本堂後庭園の紅葉も必見で、後庭園にいる赤地蔵・青地蔵と紅葉のコントラストは見逃せません。

この他にも枯山水や明月院やぐら、北条時頼の墓などで往時の日本の寺院の佇まいを感じることができます。

関東の紅葉オススメ名所、神奈川県の明月院

明月院は、アジサイ寺としても知られる臨済宗建長寺派の寺で有名な寺、山門をくぐって左手にある本堂には本尊の聖観世音菩薩がまつられています。

寺の創建は永暦元年(1160)に建てられた明月庵が始まりで、建長8年(1256)に5代執権北条時頼が敷地内に最明寺という隠居所を建造し、その後、嫡男の時宗が禅興寺として再興して、禅興寺は明治になって廃絶したが、塔頭の明月院だけが残り、境内には『方丈』の額がかかる昭和48年(1973)に再建された本堂や北条時頼の墓、鎌倉十井のひとつ瓶ノ井、明月院やぐらなどがあります。

秋にはイチョウやイロハモミジ、ヤマモミジなどが鮮やかに彩づいて美しい景観を見せてくれて、晩秋の紅葉期には本堂後庭園も公開されます。

明月院の所在地

神奈川県鎌倉市山ノ内189

●問い合わせ先

明月院

TEL:0467-24-3437

●拝観時間

9~16時(6月は8時30分~17時)(無休)

●拝観料金

大人500円、小・中学生300円

明月院の見頃時期

明月院の紅葉が彩づき始めるのが11月中旬で、見頃時期が11月下旬から12月中旬にかけて

混雑状況

海沿いの134号線はも~のすごく混みあいますし、観光名所として、また多くの人々から崇拝・信仰されている神奈川県の「明月院」ですが、秋の紅葉シーズンはさらに訪れる人で混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

明月院への交通アクセス方法

✅ 公共交通(鉄道)を利用の場合

JR横須賀線~「北鎌倉駅」~徒歩(約10分)

✅ 車を利用の場合

横浜横須賀道路~朝比奈IC~7.5km(約20分)


明月院の駐車場情報

なし

明月院には駐車場は無く、鎌倉の中の道は細いことや、寺院や民家などが細かくある地形なので、鎌倉駅の海側でないとなく、明月院の通りは、土日通行止めとなることもあり、片側一車線道路なので路上駐車は出来ませんので、車をやめて、電車やバスを利用して行くか、少し離れた場所に駐車し、徒歩・バス・電車を使って行くことヲオススメします。

タイムズ北鎌倉第2(13台)鎌倉市山ノ内755(明月院まで徒歩13分)

北鎌倉第3駐車場(7台)鎌倉市山ノ内144(明月院まで徒歩10分)

リパーク鎌倉小町第4(9台)鎌倉市小町1-13(明月院まで徒歩36分)など


明月院に実際に行った口コミ

北鎌倉の美しい紅葉スポットの建長寺・円覚寺・明月院・浄智寺・東慶寺(鎌倉五山)の一つに数えられている明月院に秋のある日に出かけ、イチョウやイロハモミジ、ヤマモミジなどが鮮やかに彩づいて美しい境内の色鮮やかな紅葉が美しく心が癒される休日を楽しむことができました。

明月院周辺のホテル情報

✅ JR東日本ホテルメッツ かまくら大船(明月院から 2.6 km)

〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-2-1

TEL:0467-40-1192

鎌倉散策のための宿。

JR東日本ホテルメッツかまくら大船の詳細はこちら

✅ Hotel鎌倉mori(明月院から 1.7 km)

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-21

TEL:0467-22-5868

駅前で、アクセスが最高です。

Hotel 鎌倉 moriの詳細はこちら

✅ シャングリラ鶴岡(明月院から 1.4 km)

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-29

TEL:0467-25-6363

こざっぱりしたホテルです。

明月院周辺の食事・グルメ情報

✅ 風花(明月院から 0.1 km)

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内291

TEL:0467-25-5112

うさぎのお饅頭と抹茶をどうぞ。

風花の公式サイト

✅ シシーズ(明月院から 0.1 km)

神奈川県鎌倉市山の内206-1

TEL:0467-22-6889

隠れ家的なカフェです。

シシーズ(グーグルマップ)

✅ 紫(明月院から 0.2 km)

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内187

TEL:0467-67-6159

古民家フレンチレストランです。

紫 -Yukariの公式サイト

その他、神奈川県(寺院)の紅葉スポット

●建長寺(神奈川県鎌倉市)

臨済宗建長寺派の大本山で鎌倉五山の第一位に列せられ、建長5年(1253)に5代執権、北条時頼が、宋の高僧蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を開山として創建し、現在の堂は近世の再建や移築だが総門、三門、仏殿、法堂などが一直線に並び、中国宋時代の典型的な禅宗様式の伽藍配置を残していて、禅寺らしい厳かな雰囲気に包まれ、秋には裏山の中腹にある半僧坊(建長寺の鎮守)を中心にして色鮮やかな紅葉が見られ、拝観に訪れた人々の心を癒やし、また半僧坊は、瑞泉寺など二階堂方面の寺々をつなぐ全長4kmの天園ハイキングコースの入口となっています。

紅葉2020関東の見頃名所「建長寺」の詳細はこちら

●浄智寺(神奈川県鎌倉市)

鎌倉五山第四位の臨済宗円覚寺派の禅寺で、弘安4年(1281)に、北条時頼の三男宗政の菩提を弔うために妻とその子師時が建立したと言われ、鎌倉時代には七堂伽藍を備え、塔頭も11院ほどあり、今は関東大震災後に再建された総門や仏殿などが立ち、石段を登って鐘楼を兼ねた山門を入ると、右手に本尊の木造三世仏坐像を安置した仏殿の曇華殿があり、境内には竹林ややぐらなどを巡る散策路があり、鎌倉石の参道が禅寺らしく深閑とした緑深い趣が特徴の境内には、本尊三世仏坐像を祀る曇華殿や鐘楼門、鎌倉江の島七福神のひとつの布袋尊があり、梅や桜、萩などの花の寺としても知られ、秋にはカエデ、モミジ、イチョウが鮮やかに彩づいた紅葉が楽しめます。

紅葉2020関東の見頃名所「浄智寺」の詳細はこちら

●東慶寺(神奈川県鎌倉市)

鎌倉時代に創建された臨済宗円覚寺派の寺院で、明治時代まで女人救済の駆け込み寺として多くの女性たちを救ってきた第32番札所の寺院で、かつての尼寺の風情を残し、紅葉の季節にはモミジ、イチョウ、ニシキギの木々が鮮やかに色づき、見事な景観が楽しめます。

紅葉2020関東の見頃名所「東慶寺」の詳細はこちら