(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

関東でドライブがてら日帰り温泉を楽しみたい!オススメは秋川渓谷 瀬音の湯

出典:東大温泉サークルOKR『部室』

関東でドライブがてら日帰り温泉を楽しみたい人必見!秋川渓谷 瀬音の湯

今回は関東地域の温泉で、ドライブでも電車を使ってでも気軽に都内から日帰りで行ける東京あきる野市の秋川渓谷 瀬音の湯へご案内します。

秋川渓谷 瀬音の湯は、東京から西へ約1時間の多摩地区西部を流れる清流、秋川のさらさらと流れるせせらぎが風に乗って聞こえてくる露天風呂がある温泉です。

「美肌の湯」としても知られ、宿泊用のコテージや和食のレストラン、無料の足湯などを備えています。

源泉名は「十里木・長岳温泉」で、お湯はやや黄色の濁った白湯で、鉄味・微硫黄味で、お湯はやわらかいというイメージの温泉で、刺激が少なく、リハビリ等に利用されることから、古くから中風の湯・神経痛の湯とも云われる温泉施設です。

雄大な自然に包まれた国立公園の中で温泉を楽しめることから近年、人気の温泉スポットで、日帰り温泉だけでなく宿泊コテージも用意されていて、東京にありながら、露天風呂からは四季折々の美しい景観を見ることができます。

昼は森林浴を楽しみ、夜には露天風呂で星空を見ながら湯も満喫することができる温泉施設です。

出典:東大温泉サークルOKR『部室』
出典:東大温泉サークルOKR『部室』

秋川渓谷 瀬音の湯の所在地

〒190-0174東京都あきる野市乙津565

秋川渓谷 瀬音の湯の問い合わせ先

TEL042-595-2614(秋川渓谷 瀬音の湯)

秋川渓谷 瀬音の湯の特徴

豊かな自然に囲まれ四季折々の景色を楽しみながら、やすらぎのひと時をおくることができます。

秋川渓谷 瀬音の湯の泉質

アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性低温泉)

秋川渓谷 瀬音の湯の効能

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばりなど

秋川渓谷 瀬音の湯の入浴料

大人900円、小人450円など(3時間まで)

秋川渓谷 瀬音の湯の営業時間

10:00~22:00(受付21:00まで)

秋川渓谷 瀬音の湯へのアクセス情報

✅電車

JR五日市線「武蔵五日市駅」~(西東京バス)~ 「瀬音の湯行き」17分。*車:あきるのIC~約30分。

秋川渓谷 瀬音の湯の駐車場情報

駐車場135台、障がい者専用スペース3台、二輪車駐輪場あり

秋川渓谷 瀬音の湯の宿泊情報

✅秋川渓谷瀬音の湯 宿泊コテージ

〒190-0174東京都あきる野市乙津565

TEL042-595-2614・FAX042-595-3121

〈交通アクセス〉

✅電車

JR五日市線「武蔵五日市駅」~(西東京バス/瀬音の湯行き/17分)

✅車

あきるのIC~約30分。(無料駐車場あり/135台/予約不要)

チェックイン/15:00 (最終チェックイン:21:00) チェックアウト/11:00
総部屋数:10室/

秋川渓谷 瀬音の湯周辺の食事・グルメ情報

✅山猫亭(武蔵五日市駅 から 0.1 km)

〒190-0163 東京都あきる野市舘谷220-9

TEL042-596-6321

マスターがひとりでされている小さなお店です。

✅あきる野市 蕎麦処 柳屋(武蔵五日市駅 から 0.1 km)

〒190-0163 東京都あきる野市舘谷218/TEL042-596-0071

✅カフェダイニング カンクラ(武蔵五日市駅 から 0.2 km)

〒東京都あきる野市留原876-8

TEL042-596-5414

都心から1時間で、店の前に川が流れ、景色の良いレストランです。

営業時間、休業日等については、直接店舗にお問い合せください。

秋川渓谷 瀬音の湯へ実際に行った口コミ

秋川渓谷 瀬音の湯は、のんびりできる空間が最高で、広くて綺麗でお風呂もとても気持ちが良いです。

駅から少し奥ですが、ロケーションで星が綺麗ですので場所自体も楽しめ、内湯のぬるぬる感が温泉らしくて最高で、こまめに清掃に入ってくれるので常に清潔でした。

秋川渓谷 瀬音の湯周辺の観光スポット情報

✅五日市郷土館(武蔵五日市駅 から 1.1 km)

五日市郷土館は、五日市街道から入ったところにある歴史資料館です。

五日市は、山と里をつなぐ町。古くから炭の市の立つにぎやかな町でした。

その周辺の山の暮らし、そして明治の自由民権期にここで生まれた「五日市憲法」関連の資料が展示されています。五日市の町の歴史を知るために、是非訪ねることをおすすめします。

五日市の歴史が分かるといっても五日市にある程度関心がないとおもしろくないかもしれないですが。とはいえ施設は無料で入れるので良心的です。

五日市郷土館の所在地

〒190-0164 東京都 あきる野市 五日市920-1

?秋川渓谷

秋川渓谷は、多摩川最大の支流の網代橋付近から檜原村の南の北秋川あたりまで約20kmにおよぶ渓谷です。

秋になると鮮やかに色づく紅葉と清流の青さが作り出す見事な色彩美を堪能できる紅葉スポットが数多くあり、特に檜原街道の十里木バス停から温泉施設の「秋川渓谷 瀬音の湯」へ続く歩行者用の吊橋の石舟橋付近が絶景ポイントです。

紅葉を楽しんだ後は、ここの温泉施設で無料の足湯に浸かって散策の疲れを癒すことができます。

秋川渓谷の所在地

東京都あきる野市内

?阿伎留神社

阿伎留神社は、延喜式神名帳の武蔵国多摩郡八座の筆頭に載る著名な古社で、三代実録では従四位下勲六等、藤原秀郷京の大原野明神の土を移して祀りました。

江戸時代は御朱印十石を寄せられ、1868(明治元)年の神仏分離令を経て明治6年に郷社となり、現在は三日間の神幸祭は近郷一の大祭として毎年行なわれています。

阿伎留神社の所在地

〒190-0164 東京都あきる野市五日市1081

?養澤神社

養澤神社は、旧五日町養沢に鎮座し、養沢地区の五社を合祀して村の鎮守様としてお祀りした神社です。

五日市駅から檜原街道を進み十里木の交差点を左折し、 養沢川に沿い10分程に位置しています。

石段を登ると、一般的には左右に狛犬が置かれていますが 、この神社は一対の台座も含め4メートルの竜王さまが置かれており、大きな竜王像が入口に祀られています。

養澤神社の所在地

〒190-0171 東京都あきる野市養沢1018