(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

関東近郊で温泉巡りの旅!一泊におすすめの箱根湯本温泉

関東近郊で温泉巡りの旅!一泊におすすめの箱根湯本温泉をご紹介します

【箱根湯本温泉の特徴や効能、泉質などご紹介します】

箱根湯本は、日本の一大観光地であり、また一大温泉地でもある箱根の表玄関で、東京(新宿)から特急で約90分の位置にあります。

駅前には、土産店や食欲をそそる飲食店が軒を連ね、さらに進むと風景が一変して温泉情緒あふれる雰囲気に包まれます。

その昔には、「湯谷」と呼ばれた湯坂山の麓にあって、伝統を感じさせる老舗旅館や和風旅館に大型ホテルや新しいホテルも建ち並びます。

戦国時代には相模(現神奈川県)を治め、北条氏の礎を築いた北条早雲が戦で疲れた足を癒したといわれる「湯浴み処」が現存します。

明治維新の立役者、木戸孝允や伊藤博文などの著名人も訪れたと伝わる老舗旅館の「萬翠楼福住」は、稼動中の旅館としては初めて国の重要文化財に指定され、箱根で最古の歴史を誇り、多くの湯客に愛され続ける伝統と誇りを持ち続ける湯処です。

箱根湯本温泉の所在地

神奈川県足柄下郡箱根町湯本

箱根湯本温泉の問い合わせ先

TEL:0460-85-7751(箱根湯本観光協会)

TEL:0460-85-5571(箱根温泉旅館ホテル協同組合)

箱根湯本温泉の特徴

箱根湯本温泉は、古く、奈良時代のお坊さんで、仏教は釈迦の教えであるからと自分の名前に「釈」を付けるべきとした釈道安(釈浄定坊)により発見されたと伝わる箱根で一番古い古湯(源泉)です。

熊野神社入口にある自然湧出源泉の「惣湯(そうゆ)」は、今も現役の源泉で江戸時代においては、徳川将軍家へ「献上湯」として運ばれたと記録が残る名湯で湯坂山の麓の横穴源泉から沸々と湧き出る良質な温泉を大型ホテルから老舗旅館まで様々な湯宿や湯処へと供給し続けています。

箱根湯本温泉の泉質

単純温泉、塩化物泉

箱根湯本温泉の効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、美肌など

箱根湯本温泉へのアクセス情報

✅車

小田原西IC~約5分。

✅電車

箱根登山鉄道「箱根湯本駅」~徒歩約3分~30分。

箱根湯本温泉の周辺のホテル情報

✅ホテル南風荘

〒250-0312 神奈川県 足柄下郡箱根町 湯本茶屋179

TEL:0460-85-5505

✅電車

小田急線箱根湯本駅~(有料旅館送迎バス7分片道100円)

✅車

小田原自動車道小田原IC~約4km15分(駐車場あり100台 無料 先着順)

✅箱根湯本ホテル

〒250-0312 神奈川県 足柄下郡箱根町 湯本茶屋97

TEL:0460-85-8800

✅電車

箱根湯本駅下車→オレンジバスBコース(要現金100円)

✅車

小田原厚木道路→国道1号(三枚橋)左折→県道732号(駐車場あり40台/無料/先着順)

✅天成園

〒250-0311 神奈川県 足柄下郡箱根町 湯本682/TEL:0460-83-8511

✅電車

箱根湯本駅~徒歩15分。または旅館協同組合の送迎バス/有料100円5分。

駐車場あり250台=駐車料金1,100円/台(予約不要)

箱根湯本温泉周辺の食事・グルメ情報】

✅箱根カフェ

〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本707

TEL:0460-85-8617

箱根湯本駅の改札を出たすぐ脇に入り口のあるカフェ。

✅さがみや

〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-35

TEL:0460-85-6610

箱根スイーツ五つ星のお店

✅喫茶室ルノアール 箱根湯本駅前店

〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本白石下706-35

TEL:0460-85-8379

箱根登山鉄道湯本駅前ビル2階の喫茶店

営業時間、休業日等については、直接店舗にお問い合せください。

箱根湯本温泉へ実際に行った口コミ

自然と山が豊かで静かに過ごせ、秘湯感はあまりないが観光と合わせて行けば何度でも行きたいと思う温泉で、日帰り入浴ができるところが多いので、湯めぐりが楽しめる温泉地です。

箱根湯本温泉周辺の観光スポット情報

?箱根花紋

箱根花紋は、豊臣秀吉ゆかりの地に建つ和風旅館で、純和風の趣で、大浴場と露天風呂のほか、壺風呂や洞窟風呂など個性ある風呂が約10種類があって、それぞれの特徴がある風呂でゆったりと過ごすことが出来ます。

箱根花紋の住所地

神奈川県箱根町湯本435

箱根花紋へのアクセス方法

箱根登山鉄道箱根湯本駅~徒歩15分(箱根湯本駅から送迎バスあり)

?箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館は、緑に抱かれる箱根仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

ヴェネチアン・グラスの名品を中心として、約100点を展示し、四季折々の花々とガラスのオブジェが楽しめる庭園や、世界各国のガラス製品を集めたミュージアムショップ、本場のカンツォーネを聴きながら、おいしいお茶や料理を楽しめます。

レストラン、大人から子供まで楽しめる体験工房なども充実しているのでファミリーで訪れることをオススメします。

箱根ガラスの森美術館の住所地

神奈川県箱根町仙石原940-48

箱根ガラスの森美術館へのアクセス方法

箱根登山鉄道「箱根湯本駅」~箱根登山バス湖尻・桃源台行きで25分、俵石・箱根ガラスの森前下車すぐ

?芦ノ湖

芦ノ湖は、神奈川県の南西部にある早川水系に属する県内最大の湖です。

水源の大部分が湖底からの湧き水で、本来は北部(箱根町仙石原)から流れ出る早川の水源で、湖畔を中心に観光名所やリゾート施設が数多く点在する観光スポットです。

遠く富士山も仰げる景勝地としても有名で、湖上には小田急電鉄系列の「箱根観光船」と伊豆箱根鉄道(西武グループ)の「芦ノ湖遊覧船」の二つの遊覧船が運航されていて、発着する船着き場が異なっています。

湖岸には、これらの停泊港として、桃源台港・箱根町港・元箱根港(箱根観光船)・湖尻港・箱根園港・箱根関所跡港・元箱根港(芦ノ湖遊覧船)があるので乗船の際には、確認が必要です。

芦ノ湖の住所地

神奈川県箱根町箱根、元箱根

芦ノ湖へのアクセス方法

箱根登山鉄道「箱根湯本駅」~箱根登山バスまたは伊豆箱根バス元箱根・箱根町方面行きで40分、箱根町下車すぐ

?箱根神社

箱根神社は、757(平宝字元)年、万巻上人によって創建されました。

古くは箱根三所権現といい云い、山岳信仰の霊場として多くのくの信仰を集め、鎌倉時代に入ると源頼朝をはめ鎌倉幕府要人からうやまわれ、その名を高めていきました。

今も木造万巻上人坐像(国重文)をはじめ秀れた社宝が数多く残され、交通安全・心願成就・開運厄除など、運開きのご利益のある神様として信仰されています。

箱根神社の住所地

神奈川県箱根町元箱根80-1

箱根神社へのアクセス方法

箱根登山鉄道「箱根湯本駅」~箱根登山バスまたは伊豆箱根バス元箱根・箱根町方面行きで38分、箱根神社入口または元箱根下車、徒歩10分