(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「東北の紅葉時期2020」10月から見頃を迎える秋田県の小安峡

東北の2020、10月見頃の小安峡の情報&駐車場・ホテル・アクセス・混雑情報などご紹介します

東北地方の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は、秋田県の小安峡(おやすきょう)へご案内します。

秋田県の小安峡は、栗駒国定公園の入口に位置する景勝地で、皆瀬川の急流が長年にわたり両岸を深く浸食してできた峡谷です。

皆瀬川が深いV字峡の底を流れ、滝や急流をつくり、渓谷沿いの小安峡温泉は古くから名湯として有名で、上流にある奇勝、熱湯と蒸気が激しく噴出している小安峡一の名所は、「小安峡大噴湯」は別名地獄釜ともよばれています。

断崖の裂け目から1時間に約10トンもの温泉が噴出し、渓谷沿いには大小の滝があり、遊歩道も整備されていることから、散策の湯治客やハイカーも多く訪れます。

自然が作り出した迫力ある峡谷に赤や黄色の紅葉が映え、絶景を作り出し、ダイナミックな景観を間近に楽しめ、その一帯は紅葉の名所として知られています。

秋には多くのハイカーが訪れる小安峡温泉は、秋田県にある温泉地で、村に沿って流れる美しい渓谷とのどかな自然が優しく迎えてくれます。

ツリーハウスが楽しい「とことん山」をはじめ、大噴湯、栗駒山など美しい景勝地は四季折々の表情を見せてくれ、武家屋敷等の角館などもあり、歴史を感じられます。世界遺産奥州藤原氏の時代をしのばせる平泉は車で約1時間半ほどの場所にあって観光にも最適な景勝地です。

東北地方の紅葉オススメ名所、秋田県の小安峡

秋田県の小安峡は、皆瀬川が深いV字峡谷の底を流れ、滝や急流を形り、断崖の裂け目から約98度の熱湯が噴き出す大噴湯は大迫力で、大小の滝があって、黄や紅に紅葉した渓谷と、轟音とともに白い湯けむりを上げる大噴湯との色彩美のコントラストが美しく、遊歩道(4月下旬~11月上旬)も整備され、紅葉を楽しみながらのハイキングはオススメです。

この辺りは小安峡温泉があり、散策後には温泉に浸かってり旅の疲れを癒すこともできます。

小安峡の所在地

秋田県湯沢市皆瀬字新処

●問い合わせ先

小安峡温泉総合案内所

TEL:0183-47-5080

小安峡の見頃時期

小安峡の紅葉が彩づき始めるのが10月上旬で、見頃時期が10月中旬から11月上旬になります。

混雑状況

観光地として多くの人が訪れる秋田県の「小安峡」ですが、秋の紅葉シーズンは、さらに訪れる人で混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

交通アクセス情報

✅ 公共交通(鉄道)を利用の場合

JR奥羽本線「湯沢駅」~バス~川原湯橋バス停下車~徒歩(約20分)。

✅ 車を利用の場合

湯沢横手道路~湯沢IC~国道398号線~28.7km(約51分)。

小安峡の駐車場情報

あり/小安峡 大噴湯 無料駐車場(秋田県湯沢市)50台


小安峡に実際に行った口コミ

小安峡は、自然のすごさを感じさせてくれる場所で、温泉がすごい勢いで吹き出しており、湯煙の白と赤や黄色の紅葉などのコントラストが見事で、そして川の流れが美しく、見ていて飽きずに、両方向から川の流れがあって、この流れが、どこに流れていくのかが不思議でした。

小安峡周辺のホテル情報

✅ 小安峡温泉のお宿 秋仙(小安峡から0.3km)

〒012-0183秋田県湯沢市皆瀬字小湯ノ上20-5

TEL:0183-47-5800

温もりあふれる お宿 移りゆく四季を写しだす小安峡にたたずむ宿です。

小安峡温泉のお宿 秋仙の詳細はこちら

✅ 旅館 多郎兵衛(小安峡から0.1km)

〒012-0183秋田県 湯沢市 皆瀬字湯元121-5

TEL:0183-47-5016

雰囲気のある温泉宿です。

小安峡温泉 旅館 多郎兵衛の詳細はこちら

✅ 湯の宿元湯くらぶ(小安峡から0.1km)

〒012-0183秋田県湯沢市皆瀬字湯元100-1

TEL:0183-47-5151

栗駒山麓のいで湯と客室総数12室ののんびりとやすらげる温泉宿。

小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの詳細はこちら

小安峡周辺の食事・グルメ情報

✅ 珈琲・雑貨舎 重右衛門(小安峡から0.9km)

〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字小湯ノ上24-35

TEL:0183-47-5320

温泉街にあるおしゃれなカフェです。

珈琲・雑貨舎 重右衛門(グーグルマップ)

✅ そば処 惣兵衛(小安峡から2.4km)

〒012-0000 秋田県湯沢市皆瀬下村84-1

TELO:0183-47-5122

おいしい十割そばが食べれます。

そば処 惣兵衛の公式サイト

✅ かえで庵(小安峡から4km)

〒012-0813 秋田県湯沢市皆瀬畑等下夕野34-1

TEL:0183-58-5700

蕎麦とステーキの組合せが新しい。

かえで庵(グーグルマップ)

その他、東北地方の紅葉スポット

●鳴子峡(宮城県)

栗駒国定公園の一角のJR鳴子温泉駅から車で約10分、国道47号に平行して走る鳴子温泉から中山平温泉にかけて約4.5kmに続く大谷川の侵蝕によりできた峡谷で、典型的なV字渓谷の岩肌と緑が見事な渓谷美を見せ、晩秋にはブナ、ナラ、カエデなどの木々が彩づく紅葉が広がり、秋の渓谷の鑑賞は、国道47号に架かる大深沢橋の北側の新展望台や、南側の鳴子峡レストハウスや鳴子峡駐車場付近にある見晴し台や展望デッキからの鑑賞をオススメします。

東北の2020、見頃名所「鳴子峡」の詳細はこちら

●猊鼻渓(岩手県)

栗駒山を源とする磐井川の両岸に展開する奇岩の連なる渓谷で、平泉観光とともに一関市の人気観光スポットのひとつで、国の名勝・天然記念物に指定され、秋には川岸を彩るモミジが鮮やかに色づいた紅葉の美しい景色は、渓流とのコントラストを楽しむことができます。

●碧玉渓(宮城)

碧玉渓は、白石市の西部を流れる白石川の上流部で、小原温泉へ行く途中の国道113号沿いに約4kmの渓谷美が続き、その昔、小原渓谷と呼ばれていたが、昭和13年に、この地を訪れた評論家の・徳富蘇峰があまりの美しさから「碧玉渓」と名付け以後、その名で親しまれるようになりました。初秋の頃ともなると、深い碧色を湛えた清流の周辺で、ナラやクヌギ、カエデなどが赤や黄色に彩色づいて、見事な色彩美を見せ、その姿は国道113号線からも一望でき、また小原温泉から碧玉渓へ延びる遊歩道を用いて紅葉散策も可能で、清流に映える新緑や紅葉がとても美しい渓谷です。

東北の2020、見頃名所「碧玉渓」の詳細はこちら