(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

三社参りとはどんな風習?一年の感謝を捧げたり、新年の家内安全と平安を祈願

三社参りとは?

「三社参り」とは、正月に三世代で三神社を参る行為で、地域に根付いた風習として西日本の各地で一般的に行われ、正月の初詣として、一年の感謝を捧げたり、新年の家内安全と平安を祈願し、三つの神社を詣でることを指します。

この風習で根付いた地域の人々は、初詣とは三社参りの事であり特別な信仰心とは無関係に、当然のこととして三社参りを行い、特に福岡県を中心として九州地方・中国地方の一部で根付いた風習です。

東国三社参りとは?

その昔、関東以北の人々が伊勢神宮参拝の後に、東国の三社を巡拝する慣習があり、これを「東国三社参り」と言って東国三社と呼ばれる茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」と茨城県神栖市の「息栖(いきす)神社」、そして千葉県香取市の「香取神宮」の三社を詣でる風習のことで、江戸時代には「お伊勢参りのみそぎの三社参り」もしくは「下三宮参り」と言われいました。

西国三社参りとは?

西日本においては、和歌山県和歌山市にある「日前(ひのくま)神宮・國懸(くにかかす)神宮」と「竈山(かまやま)神社」に「伊太祁曽(いたきそ)神社」の三社を詣でる風習があり、これを「西国三社参り」と呼ばれ、相模(現神奈川県)の箱根で温泉に湯治して三社参りをしたのが、「箱根元宮」と「九頭龍神社(本宮)」に「箱根神社」の三社に詣でるもので、秩父(現埼玉県)では「賽登山神社」から「三峯神社」と「秩父神社」に詣でる「秩父三宮参り」がありました。