(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「紅葉2020関東の見頃名所」東京都の国立科学博物館付属自然教育園

出典:「旅ぐるたび」https://gurutabi.gnavi.co.jp

紅葉2020 関東の見頃名所、国立科学博物館付属自然教育園&駐車場・ホテル・アクセス・混雑情報などご紹介します

関東の人気の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は東京都 港区の国立科学博物館付属自然教育園へご案内します。

港区の国立科学博物館付属自然教育園は、白金台の高級住宅街の一等地にある東京ドーム4個分の広さの森林緑地で、自然を活かした植物園が整備され、園内には、四季にわたってさまざまな草花や蝶、トンボ、蜂などの昆虫から、亀、カワセミ、ザリガニ、などの生き物を身近に観察できます。

園内に入った瞬間、温度と空気と香りが異なり、自然を保護しているとのことで、雑林という感じがして、色んな木や植物があり、その中に水生植物園があり、所々ベンチあり、空いてるので、お弁当を持ちこんで食べるると、遠方までピクニックにきた気分を味わえ、行楽シーズンに家族で来られることにオススメだと思います。

出典:「旅ぐるたび」https://gurutabi.gnavi.co.jp

園内展示ホールでは自然教育園の歴史の展示や生態系の学習ができるようになっていても子供から大人まで自然について学ぶことができ、紅葉の見頃時期の11月下旬から12月上旬にかけて植物園の間にある遊歩道や路傍植物園、水鳥の沼近く、水面に紅葉が映るひょうたん池などでイロハモミジ、オオモミジ、ケヤキ、ムクノキ、エノキ、ムクロジ、コナラなどの木々が鮮やかな色に染まります。

関東の紅葉名所、東京都港区の国立科学博物館付属自然教育園

国立科学博物館付属自然教育園は、東京都心にあって緑豊かな自然が残り、人々が憩う都会のオアシスともいえる森林緑地で、秋になると園内のイロハモミジやオオモミジ、コナラ、ケヤキ、ムクノキ、ミズキなどの木々が見事に彩づき紅葉が見られます。

路傍植物園から水生植物園の間にある遊歩道のモミジが赤く彩づき、四季にわたって様々な草花や、昆虫などの生きものが観察できます。

出典:「旅ぐるたび」https://gurutabi.gnavi.co.jp

国立科学博物館付属自然教育園の所在地

東京都港区白金台5-21-5

●問い合わせ先

付属自然教育園

TEL:03-3441-7176

●開園時間

9~16時(最終入園)、在園は~16時30分、5~8月は~17時

●休園日

月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜の場合は開園)

●入園料

入園一般310円、高校生以下・65歳以上無料

国立科学博物館付属自然教育園の見頃時期

国立科学博物館付属自然教育園の紅葉が彩づき始めるのが11月下旬からで、見頃時期が11月下旬から12月上旬にかけて

国立科学博物館付属自然教育園の駐車場情報

公園内にはありませんので、周辺の有料駐車場を利用します。

TNS白金台3丁目駐車場(有料/4台)自然教育園まで約61m

〒108-0071 東京都港区白金台3-18

白金台パーキング(有料/-台)自然教育園まで約142m

〒108-0071 東京都港区白金台3丁目19-5

インパーク白金台5丁目(有料/9台)自然教育園まで約239m

〒105-0013 東京都港区白金台5丁目13

パークジャパン 白金台第2駐車場(有料/15台)自然教育園まで約249m

〒108-0071 東京都港区白金台5-13

混雑状況

観光スポットとして多くの人が訪れる「付属自然教育園」ですが、秋の紅葉シーズンはさらに混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

国立科学博物館付属自然教育園への交通アクセス情報

✅ 公共交通機関(鉄道)を利用の場合

東京メトロ南北線の「白金台駅」または、都営地下鉄三田線の「白金台駅」1番出口から徒歩約なんぼ7分。またはJR山手線あるいは、東急目黒線の「目黒駅」正面口から徒歩約9分。

✅ 車を利用の場合

首都高速の目黒出入口から都道312号線経由0.5km(約1分)

国立科学博物館付属自然教育園へ実際に行った口コミ

都心の喧騒を忘れさせてくれるようなオアシスで、四季折々のいろいろな花が咲いています。

野鳥も多く、秋には様々な木々が彩づいて紅葉を見せてくれて、ここは都心なのだということを完全に忘れさせてくれるようなみごとな自然の緑地です。

美しい緑を見て、緑や土のにおいがして、耳を澄ませば鳥の声で、体で自然が感じられ、ビルばかり見ているサラリーマンや、ストレス感じてる人にはおすすめで、とても癒され、何もかも忘れて、自然からパワーをチャージできる科学博物館付属自然教育園でした。

国立科学博物館付属自然教育園周辺のホテル情報

✅ ウェスティンホテル東京(附属自然教育園 から 0.4 km)

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1

TEL:03-5423-7000

恵比寿ガーデンプレイス内のホテルです。

ウェスティンホテル東京の詳細はこちら

✅ ホテル プリンセスガーデン(附属自然教育園 から 0.4 km)

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-23-7

TEL:03-3779-1010

王室をちょっぴり味わえる空間のホテルです。

ホテル プリンセスガーデンの詳細はこちら

✅ ホテルアベスト目黒(附属自然教育園 から 0.6 km)

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-26-5

TEL:03-3490-5566

旧ホテルワトソンです。

ホテルアベスト目黒の詳細はこちら

国立科学博物館付属自然教育園周辺の食事・グルメ情報

✅ デュ パルク(附属自然教育園 から 0.2 km)

〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9

TEL:03-6456-4929

緑を観ながら美術館ランチ

デュ パルクの公式サイト

✅ うしすけ 本店(附属自然教育園 から 0.2 km)

東京都大田区矢口1-20-8

TEL:03-3756-0039

屋内ペット同伴可能な東京都大田区の焼肉店

うしすけ 本店の公式サイト

✅ Cafe TEIEN(附属自然教育園 から 0.2 km)

〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9

TEL:03-6721-6067

東京都庭園美術館内にあるカフェです。

Cafe TEIENの公式サイト

その他、東京都・区部の紅葉スポット

●東京都 中央区の「浜離宮恩賜庭園」

国の特別名勝及び特別史跡に指定され、潮入の池を楽しめる庭園で、潮入りとは海水を引き入れ、潮の満ち引きを利用して池の趣きを変える様式のことで、潮入の池や2つの鴨場をもつ江戸時代から続く大名庭園です。

晩秋には、潮入の池周辺や園内各所でトウカエデやハゼノキ、サクラ、モミジといった木々の紅葉を楽しめ、都会の真ん中にある徳川将軍家ゆかりの庭園で秋の景勝が堪能できます。

紅葉2020関東の見頃スポット、中央区「浜離宮恩賜庭園」の詳細はこちら

●東京都 世田谷区の「駒沢オリンピック公園」

広大な敷地の中に、スポーツ施設や家族で遊べる遊具などを揃えている公園で、園内には、樹齢50年を超える木々が植えられ、四季を通じて様々な風景を楽しめます。

毎年の晩秋には、イチョウなどの樹木が色付き、特に公園管理所口から西口にかけてのケヤキ並木や、駒沢通り沿いのイチョウ並木が作り出す黄金のトンネルは見ごたえ充分で、ウォーキングやランニングをしながら紅葉を楽しむことができます。

紅葉2020関東の見頃スポット、世田谷区「駒沢オリンピック公園」の詳細はこちら

●東京都 練馬区の「石神井公園」

東京都内とはとても思えない恵まれた自然に包まれた公園で、石神井川の水源とされる清々とした三宝寺池と、水鳥たちが群れ遊ぶ石神井池の水面に映る彩づいた紅葉は、自然のキャンパスに描かれた絵画を見る様です。

目の保養となり、園内の石神井池、三宝寺池は、井の頭池、善福寺池と並んで武蔵野三大湧水池で、三宝寺池はその昔より、武蔵野台地からの地下水が湧き出る池として知られています。

紅葉2020関東の見頃スポット、練馬区の「石神井公園」の詳細はこちら