(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「東北の紅葉時期2020」10月に見頃を迎える福島県の塔のへつり

「東北の2020」10月に見頃の塔のへつりの情報&駐車場・ホテル・アクセス・混雑情報などご紹介します

東北地方の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は、福島県の塔のへつり(とうのへつり)へご案内します。

福島県の塔のへつりは、河岸が水流や風雨などによって浸食や風化によって断崖になった国の天然記念物に指定されている福島県南部、大川上流の落葉樹の紅葉が美しい景勝地です。

「へつり」とは、福島県や山形県の方言で「川に沿った断崖、崖(がけ)」の意味で、100万年という長い年月の浸食と風化によって大川の断崖が削られてできた奇岩、怪石の景観です。

象塔岩、獅子塔岩、鷲塔岩、屏風岩、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩などの名称がつけられた岩(塔の岩)が全長200mにわたって奇岩が整列していて、これらの岩を巡るように遊歩道が彫られています。

経年による崩落等のため舞台岩周辺以外は立ち入り禁止となっていて、吊橋のたもとには虚空蔵尊が祀られ、吊橋を渡って侵食された部分を巡ることができ、吊り橋を渡ると、川面の近くまで行くことができ、駅からは徒歩で往復約10分。

通年の紅葉の彩づき始めが10月中旬で見頃が、10月下旬から11月上旬にかけてモミジ、ナラなどの木々の枝葉が見事に彩づきます。

東北地方の紅葉オススメ名所、福島県の塔のへつり

塔のような形の巨石が約100mにわたって並び立ち、国の天然記念物に指定されている塔のへつり。

「へつり」とは、方言で「川に沿った断崖、急斜面」のことで、100万年以上という長い年月にわたって浸食と風化を繰り返すことによって大川の断崖が削られてできた奇岩、怪石の景観で、象塔岩(ぞうとういわ)、獅子塔岩(ししとういわ)、鷲塔岩(わしとういわ)などの12の塔の岩があり、迫力ある景観を造り出し、奇岩と断崖、急流が連続する大川の流れ知られる紅葉スポットです。

モミジやナラなどの木々が断崖を覆うように彩づく姿は、まるで風景画を見ているようで、断崖に架けられた吊り橋を渡ると川面の近くまで降りることができます。

塔のへつりの所在地

福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林

●問い合わせ先

下郷町商工観光係

TEL:0241-69-1144

塔のへつりの見頃時期

塔のへつりの紅葉が彩づき始めるのが10月中旬で、見頃時期が10月下旬から11月上旬になります。

混雑状況

観光地として多くの人が訪れる福島県の「塔のへつり」ですが、秋の紅葉シーズンは、さらに訪れる人で混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

塔のへつりへの交通アクセス方法

✅ 公共交通(鉄道)を利用の場合

会津鉄道~「塔のへつり駅」~(徒歩5分)~遊歩道入口。

✅ 車を利用の場合

東北道~白河IC~国道289号線・121号線~35km(約50分)。


塔のへつりの駐車場情報

あり/85台/有料(300円)


塔のへつりに実際に行った口コミ

国道から「塔のヘつり」に向かい、まず会津鉄道の踏み切りを渡って無人駅の脇には真っ赤な紅葉があり、さらに進むと紅葉に包まれた森の中の駐車場に車を駐めると、ここもあたり一面は真っ赤な紅葉で包まれていて、先に進んで行くと土産物屋の裏に回ったところで、巨岩が侵食を受けた“ヘつり”が見えてきて、崖と紅葉とのコントラストは見事でした。

塔のへつり周辺のホテル情報

✅ 藤龍館(塔のへつり から 2.9 km)

〒969-5206 福島県南会津郡下郷町湯野上舘元乙1338

TEL:0241-68-2888

隠れ家的な自然の中の旅館です。

会津湯野上温泉 花鳥華やか風月の宿 藤龍館の詳細はこちら

✅ こぼうしの湯 洗心亭(塔のへつり から 3.7 km)

〒956-5201 福島県南会津郡下郷町大字高陦字寄神乙1614

TEL:0241-68-2266

部屋露天付きでも部屋の内湯が最高の宿です。

会津湯野上温泉 こぼうしの湯 洗心亭の詳細はこちら

✅ ひのき風呂の宿 分家(塔のへつり から 7.6 km)

〒962-0621 福島県岩瀬郡天栄村湯本居平7

TEL:0248-84-2314

ゆったりくつろぎの宿です。

岩瀬湯本温泉 ひのき風呂の宿 分家の詳細はこちら

塔のへつり周辺の食事・グルメ情報

✅ へつりガーデン(塔のへつり から 0 km)

〒969-5204 福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林5319

TEL:0241-67-4071

車を停めて、食事をしてから塔のへつりを眼下に眺める。

へつりガーデン(グーグルマップ)

✅ 芳賀商店(塔のへつり から 0 km)

〒969-5204 福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林5319

TEL:0241-67-4063

親切、サービスいっぱいのお土産屋さん です。

芳賀商店(グーグルマップ)

✅ 五晃苑塔のへつり店(塔のへつり から 0.1 km)

〒969-5204 福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林5316-2

TEL:0241-67-4545

お土産と食堂が併設されてます。

五晃苑塔のへつり店の公式サイト

その他、東北地方の紅葉スポット

●碧玉渓(宮城県)

碧玉渓は、白石市の西部を流れる白石川の上流部で、小原温泉へ行く途中の国道113号沿いに約4kmの渓谷美が続きます。

その昔、小原渓谷と呼ばれていたが、昭和13年に、この地を訪れた評論家の・徳富蘇峰があまりの美しさから「碧玉渓」と名付け以後、その名で親しまれるようになりました。

初秋の頃ともなると、深い碧色を湛えた清流の周辺で、ナラやクヌギ、カエデなどが赤や黄色に彩色づいて、見事な色彩美を見せ、その姿は国道113号線からも一望でき、また小原温泉から碧玉渓へ延びる遊歩道を用いて紅葉散策も可能で、清流に映える新緑や紅葉がとても美しい渓谷です。

東北の2020、宮城県「碧玉渓(へきぎょくけい)」の詳細はこちら

●奥入瀬渓流(青森県)

奥入瀬渓流は、十和田湖から流出する唯一の河川で、湖の子ノ口から焼山まで約14kmにわたって様々な渓流美と14の滝巡りが楽しめます。

四季を通じての景勝地で、下流の焼山からは、三乱(さみだれ)の流れ、や阿修羅の流れなどがあって、渓流の中間には、2段に分かれて流れ落ちる雲井の滝があり、十和田湖から流れ出る唯ひとつの川が奥入瀬川で、(山[やけやま)から子ノ口(ねのくち)までを一般的に奥入瀬渓流と呼んでいます。

奥に入るほどに多くの瀬があることから「奥入瀬」と名付けられたと言い、ブナなどの広葉樹林の紅葉は美しく素晴らしい景色が広がっています。

東北の2020、見頃が10月の青森県「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

●夏井川渓谷(福島県)

磐越東線沿いにある全長15kmも続く渓谷で、清流に奇岩に、滝や淵、などが見られ、中でも籠場(かごば)の滝がみどころの。渓谷は、磐越東線の車窓からも見られ、秋の紅葉期には速度を落としてくれる配慮がうれしい 夏井川渓谷の紅葉で、イロハモミジやカエデなどの紅葉が美しく渓谷を飾り見事な色彩美を見せてくれます。

東北の2020、10月に見頃を迎える「夏井川渓谷」の詳細はこちら

●厳美渓(岩手県)

栗駒山を源とする磐井川の両岸に展開する奇岩の連なる渓谷で、平泉観光とともに一関市の人気観光スポットのひとつで、国の名勝・天然記念物に指定され、秋には川岸を彩るモミジが鮮やかに色づいた紅葉の美しい景色は、渓流とのコントラストを楽しむことができます。

東北の2020、10月から見頃の「厳美渓」の詳細はこちら