(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「東北の紅葉時期2020」10月に見頃を迎える青森県の蔦七沼

東北の2020、10月見頃の蔦七沼の情報&ホテル・アクセス・駐車場・混雑情報などご紹介します

東北地方の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は、青森県の蔦七沼(つたななぬま)へご案内します。

青森県の蔦七沼は、南八甲田山麓に点在する湖沼群赤倉岳の火山爆裂によってできました。ひっそりと静かに佇む沼で蔦沼、鏡沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼、赤沼の7つの沼を「蔦七沼」といい、蔦温泉を基点に、赤沼を除く6つの沼を結ぶ約3kmの「沼めぐりの小道」と呼ばれる自然遊歩道が整備されており、ブナの原生林の中を神秘的な雰囲気が漂う沼を巡って約1時間の散策が楽しめます。

特に朝焼けの美しさは一見の価値があり、光に照らされた紅葉が燃え上がるように真っ赤に染まる風景はまるで名画を鑑賞しているかの様な感動を覚え、一帯は国設の蔦野鳥の森にも指定されているためバードウォッチングにも最適です。

紅葉の季節の10月中旬から10月下旬が見頃のブナなどの木々の姿とともに、蔦野鳥の森が、色づく秋の朝焼けは格別に美しく、特に秋の晴天の蔦沼では朝日が昇ると山々はさらに真っ赤に染まり、水面にくっきりと映し出す様は、まるで鏡のようです。

車を利用して訪れる場合、駐車場は蔦温泉旅館の前を利用するしかありませんが、紅葉の時期は大変混雑し、さらに駐車場に入りきらない車が路上駐車してしまうので、道路が大渋滞を起こし、この状態ではストレスがたまるだけなので、朝一番に訪れ、混雑必須の覚悟で訪れる必要があり、蔦温泉旅館に泊まるのが一番のオススメです。

東北地方の紅葉オススメ名所、青森県の蔦七沼

青森県の蔦七沼は、赤倉岳の火山爆裂によってできた蔦沼・鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼・赤沼の7つの沼がある南八甲田山麓に点在する湖沼群で、これらを総称して「蔦七沼」と呼び、蔦温泉を基点に、赤沼を除く6つの沼を結ぶ約3kmの「沼めぐりの小道」と呼ばれる自然遊歩道が整備されており、ブナの原生林の中を神秘的な雰囲気が漂う沼を巡って約1時間の散策が楽しめます。

最も大きな蔦沼は、紅葉シーズンには多くの人々が訪れる人気スポットで、特に朝焼けの美しさは一見の価値があり、光に照らされた紅葉が燃え上がるように真っ赤に染まる風景はまるで名画を鑑賞しているかの様な感動を覚えます。

蔦七沼の所在地

青森県十和田市奥瀬

●問い合わせ先

奥入瀬渓流館

TEL:0176-74-1233

蔦七沼の見頃時期

蔦七沼の紅葉が彩づき始めるのが10月中旬で、見頃時期が10月中旬から10月下旬になります。

混雑状況

観光地として多くの人が訪れる青森県の「蔦七沼」ですが、秋の紅葉シーズンは、さらに訪れる人で混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

蔦七沼への交通アクセス方法

✅ 公共交通(鉄道)を利用の場合

JR津軽線の「青森駅」~JRバスみずうみ号十和田湖行き~(1時間45分)~蔦温泉バス停下車~徒歩すぐ

✅ 車を利用の場合

東北道~黒石IC~国道102号線~394号線~103号線~43km(約1時間)

駐車場情報

駐車場はありませんので、蔦温泉の駐車場(90台)を利用します。

蔦七沼に実際に行った口コミ

沼めぐりの小道を一周一時間くらいで歩き、遊歩道が整備されていて歩きやすく、ブナの原生林で紅葉が綺麗なことで有名なところで、風が無かったので、水面に紅葉がくっきりと映っていてとても綺麗でした。

蔦七沼周辺のホテル情報

✅ 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(蔦沼 から 3.6 km)

〒034-0398 青森県十和田市奥瀬栃久保231

TEL:0570-073022

奥入瀬渓谷の立地を生かした素敵なホテルです。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルの詳細はこちら

✅ 野の花 焼山荘(蔦沼 から 4.3 km)

〒034-0303 青森県十和田市法量焼山64

TEL:0176-74-2345

アットホームな温泉宿です。

奥入瀬渓流温泉 野の花 焼山荘の詳細はこちら

✅ 日本三秘湯 谷地温泉(蔦沼 から 4.3 km)

〒034-0303 青森県十和田市法量谷地1

TEL:0176-74-1181

八甲田の名湯です。

日本三秘湯 谷地温泉の詳細はこちら

蔦七沼周辺の食事・グルメ情報

✅ お食事処 蔦(蔦沼 から 0.4 km)

〒034-0301 青森県十和田市奥瀬蔦野湯1蔦温泉旅館内

TEL:0176-74-2311

ゆったりくつろげる食事処。

お食事処 蔦(グーグルマップ)

✅ ラウンジ森の神話(蔦沼 から 3.6 km)

〒034-0398 青森県十和田市奥瀬栃久保2312F

TEL:0570-073-022

奥入瀬渓流ホテル内の食事処です。

ラウンジ森の神話の公式サイト

✅ 奥入瀬渓流館(蔦沼 から 3.6 km)

〒034-0301 青森県十和田市奥瀬栃久保183

TEL:0176-74-1233

奥入瀬渓流散策の拠点となる食事処です。

奥入瀬渓流館の公式サイト

その他、東北地方の紅葉スポット

●五色沼湖沼群(福島県)

大小30あまりの湖沼、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼、柳沼などいくつかの色の違いによる名前の沼で構成され、エメラルドグリーンやコバルトブルーなどの神秘的な色合いの鮮やかな色をたたえる水面をつくりだし、磐梯山の噴火によってできた湖沼群で、「神秘の湖沼」と称され、中秋の頃から晩秋の紅葉の季節には、彩づく木々の葉色と水面の美しい色彩が織りなす景観が楽しめ、五色沼入口脇に裏磐梯ビジターセンターがあって、その先に五色沼自然探勝路(約3.6km、所要約1時間10分程)が続いています。

東北の2020、見頃名所「五色沼湖沼群」の詳細はこちら

●十和田湖(青森県)

青森と秋田の県境の十和田八幡平国立公園内にある二重式カルデラ湖の十和田湖は、青森駅から車で約2時間の奥入瀬渓流美の子ノ口近くの木立の中に姿を見せ、周囲46km、最深部は327m。秋田県の田沢湖、北海道の支笏湖に次いで3番目の深さを誇っており秋には湖畔全体がブナの黄、カエデ、ナナカマドの赤に彩づき染まって、アカマツの緑が鮮やかさをきわ立たて、その色彩美には感動を覚え、遊覧船で湖上を進めば、細長く突き出した中山半島と御倉半島が青緑色の湖水に紅葉を映して、また違う感動を味わえます。

東北の2020、見頃名所「十和田湖」の詳細はこちら

●十二湖(青森県)

白神山地西麓のブナ林に点在している大小33の湖沼群の崩山の大崩(おおくずれ)から12の湖が見え(実際は33の湖沼が点在)、その十二湖を代表する「青池」の透明度は湖庭まで深さ9mあり、神秘的なエメラルドグリーンの水中に枯れたブナを見ることができ、ブナの自然林や湖畔の樹木の紅葉は色彩美に優れて、青池やブナ自然林を見て歩く1時間のおすすめコースは人気で、12月~3月末は閉鎖され標高が高いので、紅葉は10月中旬から下旬が見頃となります。

東北の2020、見頃名所「十二湖」の詳細はこちら