(Javascript of Access analysis (Google Analytics analytics.js / ga.js etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

「東北の紅葉時期2020」10月に見頃を迎える秋田県の湯瀬渓谷

出典:YUZE HOTEL STAFFBLOG

東北の2020、10月見頃の湯瀬渓谷の情報&&ホテル・アクセス・駐車場・混雑情報などご紹介します

東北地方の紅葉スポット・紅葉の名所を訪ね、今回は、秋田県の湯瀬渓谷(ゆぜけいこく)へご案内します。

秋田県の湯瀬渓谷は、湯瀬温泉から八幡平小豆沢へ続く、約4.6kmの散策路(湯瀬渓谷森林セラピーロード)は、浸食によって造り上げられた米代川両岸の奇岩絶壁の連なりと、赤や黄色に彩られた色彩豊かな渓谷の紅葉が楽しめます。

のんびり散策も楽しめ、途中には天狗橋や獅子淵、断崖の上の岩に生える姫小松など、見どころも多く、大館・盛岡間を運行するJR花輪線の列車からは、湯瀬渓谷の見事な景観を眺めることもできます。

出典:YUZE HOTEL STAFFBLOG

湯瀬温泉は、肌荒れなどに効能が高い美肌の湯が楽しめる温泉で、湯量が豊富で、川の瀬からも湯が湧き出していることから「湯瀬」と名付けら、渓谷の名称もここからきており、石川啄木が、青春時代に「青垣山を繞らせる 天さかる鹿角の国を忍ぶれば 涙し流る」という俳句を詠んだことでも知られます。

現在では、紅葉シーズンが特にすばらしく10月上旬からモミジなどの木々が赤や黄色に彩づき始め、10月中旬には見頃を迎え、米代川の湯瀬渓谷に沿って、「湯瀬ホテル」や「和心の宿姫の湯」などの近代的な大型ホテルに、小ぢんまりとした旅館が点在しています。

東北地方の紅葉オススメ名所、秋田県の湯瀬渓谷

湯瀬温泉から八幡平小豆沢へ続く、約4.6kmの散策路(湯瀬渓谷森林セラピーロード)は、浸食によって造り上げられた米代川両岸の奇岩絶壁の連なりと、赤や黄色に彩られた色彩豊かな渓谷の紅葉が楽しめ、のんびり散策も楽しめ、途中には天狗橋や獅子淵、断崖の上の岩に生える姫小松など、見どころも多く、大館・盛岡間を運行するJR花輪線の列車からは、湯瀬渓谷の見事な景観を眺めることもできます。

出典:YUZE HOTEL STAFFBLOG

湯瀬渓谷の所在地

秋田県鹿角市八幡平湯瀬

●問い合わせ先

十和田八幡平観光物産協会

TEL:0186-23-2019

湯瀬渓谷の見頃時期

湯瀬渓谷の紅葉が彩づき始めるのが10月上旬で、見頃時期が10月中旬から10月下旬になります。

混雑状況

観光地として多くの人が訪れる秋田県の「湯瀬渓谷」ですが、秋の紅葉シーズンは、さらに訪れる人で混み合いますので、時間に余裕を持ってお出かけになることをオススメします。

湯瀬渓谷への交通アクセス方法

✅ 公共交通(鉄道)を利用の場合

JR花輪線の「湯瀬温泉駅」~徒歩(5分)

✅ 車を利用の場合

東北道~鹿角八幡平IC~国道282号線~9km(約20分)

湯瀬渓谷の駐車場情報

あり/50台(国道沿いに2箇所)

湯瀬渓谷に実際に行った口コミ

森林セラピーロードは、宿泊した湯瀬ホテルのすぐ裏にあり、湯瀬ホテルから、八幡平小豆沢の方まで続いていて、全長は約4.6kmになるそうで、私は、湯瀬ホテルをスタートし、最後までは行かずに、途中で引き返して湯瀬ホテルに戻りましたが、それでも充分に渓谷の赤や黄色に彩づいた景色を満喫できました。

湯瀬渓谷周辺のホテル情報

✅ 湯瀬 ホテル(湯瀬渓谷から0.1 km)

〒018-5141秋田県鹿角市八幡平湯瀬湯端 43

TEL:0186-33-2311

お風呂が最高の宿です。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルの詳細はこちら

✅ 和心の宿 姫の湯(湯瀬渓谷から0.1 km)

〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平湯瀬温泉40-1

TEL:0186-33-2011

風情のある囲炉裏の夕食が楽しめる宿です。

和心の宿 姫の湯の詳細はこちら

✅ ホテル安比グランド本館&タワー館(湯瀬渓谷から17.6 km)

〒028-7306 岩手県八幡平市安比高原

TEL:0195-73-5011

景色の良いタワー館ホテルは最高です。

湯瀬渓谷周辺の食事・グルメ情報

✅ ホルモン幸楽(湯瀬渓谷から8.5 km)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪堰向5

TEL:0186-23-3736

鹿角市のソウルフードです。

ホルモン幸楽の公式サイト

✅ きちたんぽ工房田園市場秋田美人(湯瀬渓谷から6.4 km)

秋田県鹿角市八幡平赤渕269-1

TEL:0186-32-2211

鹿角の大型ドライブインです。

その他、東北地方の紅葉スポット

●三途川渓谷(秋田県)

川原毛地獄の入口にある景勝地で、青森県の恐山、富山県の立山と並び、日本三大霊地のひとつに数えられる川原毛地獄の三途川渓谷で、深い谷間の渓谷の上、高さ約40mのところに架かる三途川橋の橋の途中に設置された展望スペースからは、渓谷全体が見晴らせる絶景スポットです。秋の紅葉シーズンには赤や黄色に彩づいた木々の紅葉を大パノラマで見ることができ、 ミズナラ、ブナ、ヤマモミジなどが美しさを競うさまを見ることができ橋の両端には、「閻魔(えんま)大王」と「泰山(たいせん)大王」に、「延命地蔵」と「合掌地蔵」の4体の石像が鎮座しています。

東北の2020、見頃名所「三途川渓谷」の詳細はこちら

●鳴子峡(宮城県)

栗駒国定公園の一角のJR鳴子温泉駅から車で約10分、国道47号に平行して走る鳴子温泉から中山平温泉にかけて約4.5kmに続く大谷川の侵蝕によりできた峡谷で、典型的なV字渓谷の岩肌と緑が見事な渓谷美を見せ、晩秋にはブナ、ナラ、カエデなどの木々が彩づく紅葉が広がり、秋の渓谷の鑑賞は、国道47号に架かる大深沢橋の北側の新展望台や、南側の鳴子峡レストハウスや鳴子峡駐車場付近にある見晴し台や展望デッキからの鑑賞をオススメします。

東北の2020、見頃名所「鳴子峡」の詳細はこちら

●猊鼻渓(岩手県)

栗駒山を源とする磐井川の両岸に展開する奇岩の連なる渓谷で、平泉観光とともに一関市の人気観光スポットのひとつで、国の名勝・天然記念物に指定され、秋には川岸を彩るモミジが鮮やかに色づいた紅葉の美しい景色は、渓流とのコントラストを楽しむことができます。

●碧玉渓(宮城)

碧玉渓は、白石市の西部を流れる白石川の上流部で、小原温泉へ行く途中の国道113号沿いに約4kmの渓谷美が続き、その昔、小原渓谷と呼ばれていたが、昭和13年に、この地を訪れた評論家の・徳富蘇峰があまりの美しさから「碧玉渓」と名付け以後、その名で親しまれるようになり、初秋の頃ともなると、深い碧色を湛えた清流の周辺で、ナラやクヌギ、カエデなどが赤や黄色に彩色づいて、見事な色彩美を見せ、その姿は国道113号線からも一望でき、また小原温泉から碧玉渓へ延びる遊歩道を用いて紅葉散策も可能で、清流に映える新緑や紅葉がとても美しい渓谷です。

東北の2020、見頃名所「碧玉渓」の詳細はこちら